自分が採用者だったら履歴書でチェックする項目は?

自分が採用者だったら履歴書でチェックする項目は?
自分が採用者だったら履歴書でチェックする項目は?

58歳 女性の話「就職で最初にぶつかる壁は履歴書かも知れませんね」

就職で最初にぶつかる壁は履歴書かも知れませんね。写真と学歴、志望動機、職歴、自己PR、そして資格などを一枚の紙にまとめて自分という人物を売らなければいけないわけです。
対して採用者としては、少しでもその人物の能力や将来性を知りたいと思うでしょう。新卒の採用か転職かで中身も変わりますが、もし自分が採用者なら志望動機や自己PRを通して、どのような人間かを知りたいと思います。
最近は就職セミナーや履歴書添削などによって、その道のプロの手引きが多いので、似たり寄ったりの文章になることは残念です。
お手本通りに作られた文章ではなく、その人がこちらの求める職種、条件に合っているかどうかが判断材料になります。転職の場合には何をしてきたのか、どんな結果を生み出してきたのか知りたいですし、採用された後にそれをどうつなげていくかが明白に書かれているものを選びたいですね。転職の理由と将来への展望が理路整然と、しかも自分らしい表現で書いていれば人となりもよくわかるはずです。

新卒の場合は経歴がないので、将来の目標をどのように置いているのか、何がしたいのかという点に注目するでしょう。職種にあった資格や特技があれば、判断材料にもなりますね。文章が書かされたものではなく、誠実に丁寧に自分の言葉で書かれていると、好感を持てると思います。文章を見て会ってみたいと思える何かが見つかれば、次は面接ですね。