自分が採用者だったら履歴書でチェックする項目は?

自分が採用者だったら履歴書でチェックする項目は?
自分が採用者だったら履歴書でチェックする項目は?

50歳 男性の話「私が採用者だったら、履歴書からまず人柄をチェックします」

私が採用者だったら、履歴書からまず人柄をチェックします。例えば、手書きの場合、「殴り書き」や「いい加減な書き方」になっていないか、丁寧に書いてあるか、熱意はどうかを最初に見ます。履歴書は、「採用されたい」と思ってその会社に提出する最初の書類なので、当然のチェック項目だと思っています。いくらよい人材であっても、履歴書という入口が無頓着や横柄な人は仕事には向いていないからです。

次に、本社への志望動機をチェックします。「こういうわけで、こういう仕事がしたい。そして、できれば、御社にこういう理由で働きたい」という理由です。
「生活するためにどこでもいいから就職できればいいや」という人は、長続きしないどころか、会社の荷物になるので採用したくありませんので厳しくチェックします。
最後に重視するポイントは、履歴書の内容に嘘や矛盾、不思議に思うことないかをチェックします。例えば、「英語が好き」と書いてある割には、英語検定の試験を受け、自分の長所を活かした就職活動をしていないなど、努力している経緯が履歴書の上にも見られない場合等です。

そのような場合は、たいてい、「なんとなく好き」というだけで、それを会社や社会のために生かそうという積極的な姿勢が期待できないことがほとんどだからです。
そのため、嘘や矛盾を見抜き、できるだけ真面目でやる気がある人を雇うようにチェックをして、採用するように気をつけています。