自分が採用者だったら履歴書でチェックする項目は?

自分が採用者だったら履歴書でチェックする項目は?
自分が採用者だったら履歴書でチェックする項目は?

66歳 女性の話「採用試験で最も大事なのは、履歴書と面接です」

採用試験で最も大事なのは、履歴書と面接です。
応募者にとっては、履歴書を書くのも真剣で大変な作業になるはずです。
そしてもし、それに目を通す採用試験をする立場の者だったとしたらその責務は重大です。
もしかすると自分がその人の運命を決めかねないからです。

ということで、自分が採用者だったら、履歴書でチェックする項目はまず、学歴と職歴です。
学歴社会なのでそこはどうしても見るでしょう。
しかし、それ以上に大切なのは職歴の項目です。
つまりこれまで、どんな会社でどんな仕事に携わっていたのかということは採用するに当たって、非常に重要な点だからです。

そして、次に大事な項目は、志望動機です。
むしろ、一番大事な点はそこではないかと思うからです。
応募する人の考えや希望などが書かれているので、採用側としては最も大切な項目です。
その内容によって、自分の会社に対する思いなど直接採用に関する点はもとより、自分の会社が社会に対して、どんな風に貢献しているのか、何を改善していけば良いのかなどまで読み取れる場合もあるからです。
つまり、とても貴重な項目欄であるといえるのです。